軽井沢へ

友達の別荘に誘われて。
軽井沢だったら170kmくらいだから自走でちょうど良いな。
朝出れば昼過ぎに着くな、なんて考えで自転車で行くことに。
着替え等々は新幹線で行く妻に預ける。

image

まずは栄養補給してから、ということで近所のいつものパン屋さんで。
そういえばこの澤村は軽井沢が本店だったけど、そこに行く前に東京で食ってから行くなんて。

■ ZXRS:5時間08分、160km、3411KJ

ちょっと脂質の多い朝食だったので走り出してしばらくはもたたれる感じしたけど、都心部抜ける頃には落ち着く。
ひたすら平坦基調の幹線道路を進む。車の流れがあるためかけっこういいペース。
それにしても暑い。走っていると風を受けているのにそれでも汗がしたたり落ちる。

懐かしの東松山を抜けるあたりからは車も信号も少なく走りやすくなる。
ゆるーいアップダウンがあるけどなかなかいいペースで進む。
とりあえず2時間くらい走って水がなくなったので休憩。
平均34km/hか。都心抜けたり信号がたくさんあるので、平地の巡航は36~37km/hくらいなイメージ。

安中あたりでスマホのGoogleマップの指示通りにいったらえらい上り坂に入る。そこいらから上りっぽくなっていく。
平均時速下がるのはしょうがない。無理せず進む。
ダンシング多め。普段練習できないから。

いよいよ最後の碓氷峠は趣ありそうな旧道から上る。結果的に正解だった。
3~5%ほど?の緩斜面が続くので無理にペダリング崩さずに走れて、とってもいい練習になる峠だと感じた。
ちょっと頑張ると足が攣りかけているので、無理しないギリギリで上る。
12kmほど峠道が続き、頂上越えたら下るひまなくすぐに軽井沢駅。
5時間弱で到着。到着したら安堵感で一気に疲れが出て、自転車から降りるときに下半身全部つった。

それにしてもリハビリがてら長距離をじっくり走ればいいやと思っていたけど、走り出すと頑張ってしまう。
ロードバイクに乗るとゆっくりのんびり走るってのが難しい。ゆっくりと景色を楽しみながら走るようなそういうジャンルのバイクがあれば、それはそれでまた楽しみが広がるんだろうな。

会社同僚の南ヶ丘の別荘のテラスで夕方前からバーベキューしながら酒を飲んで至福の時間。
夜は22時にはおやすみタイムだったけど、慣れない家だからか娘がひどく大泣きして参った。