有給取って那須へ移動 / 落車

朝はゆっくり寝ている。レース直前は睡眠たっぷりとって回復に努めるのみ。

冷蔵庫の在庫処理的な朝食摂って子供を保育園に連れていき、家でレース用自転車の用意をする。

全日本選手権のコースは勾配がきつい登りはないけど地味なアップダウンが延々と続くようなので、超軽量のLightweightチューブラーホイールではなくLightweightのクリンチャーで行こうかと思い、タイヤとチューブを交換。

Specialized S-Works TURBO 24C
Untitled
けっこう速いスピードで上り下りを繰り返すのときついコーナーはほとんどないので、今回は転がり抵抗重視でこちらのタイヤを試してみる。
Tony Martinも使っているらしい。とこういう時だけ都合の良い情報を信じる。
チューブも重要レースということでラテックスを。本当はいつも使わないものをレースで使うのはアレなんですが、今回は多少試す時間あるし。
Untitled
なんせ軽い。日本製という品質にも期待。

Untitled
レース仕様。

その後マッサージ85分で身体をほぐしてからいざ出発。那須へ。

天気は悪い。小雨が降っている。
ゴキソで来ている森本さんと合流してホイールを借りる。昨年の沖縄と同様今回も自分のホイールとゴキソと両方で試走してどちらで行くか決める。

コースを1周車で試走。え、スピードコースじゃなかったっけ?
こりゃ結構きついなぁという感想。
雨は止まないけど明日はもっと雨降りそうなので、走ってしまう。
16:20頃から試走開始。

まずはゴキソホイールで。

Untitled

普通にコンビニがあったり商店街があったりする街の道路がコースになっているというだけでテンション上がる。
やっぱり公道レース最高。
何度も見て頭に入れたコースマップと重ねながらアップダウンを走る。上りは車から見た感じよりはうまく走れている。
脚はよく回っている。これは調子良い?
走り出して30分ほどで、上りを軽いギアで回しているだけで心拍見たら160拍にいっていた。
自然と足が回っていつの間にか心拍が上がっているのは明らかに調子良い。

同じく試走している人を上りで抜かす。
後ろについてくるようで、しばらくしたら抜き返してくる。せっかくだからスリップストリーム使ってレースに少しでも近い速度で走ったほうが良い試走になるかなと思い後ろにつく。
下りから上りに入ったところで前の人がダンシングに移るその瞬間、車間が一気に詰まり私の前輪がハスり落車。
40㎞/hは出ていたところで完全に前輪を持っていかれた。
幸い路面は完全ウェットだったのでかなり滑ったので被害は最小限。
ハンドルとブラケットが曲がってバーテープが破れてシューズカバーが破れてグローブに穴が空いてペダルとRDが傷ついたくらい。
レース専用に買ったTime EXPRESSO 15ペダルのカーボンボディが大きく削れてクリートと接触するプレートがえぐれてしまったのが一番マズイか。
Untitled
なんとかペダル脱着できるから大丈夫かな。

地面に放り出された落車は何年ぶりだろう。1999年か2000年に学生のレース以来かも。

右尻擦過傷と左大腿部に強い緊張がある。けど少し流しておいたほうがほぐれていいかと思い、ホイール替えてもう一周。
Untitled

ホイール替えて違いを体感する予定だったけど、落車前と後ではホイールの差を感じるにはあまりにも条件が違い過ぎて。
ただそれを差し引いた(つもり)でもゴキソの方が走りは軽いかな、と。沖縄の時と同じ結論だ。
ほんの僅かな差なんだけど、レースってのは6時間も速いスピードで走り続けるので僅かな差の積み重ねが最終的に大きな差になるわけで。

そうこうしているうちに試走終えたら18時前。
すぐに着替えてホテルへ向かう。その途中にちょうど昨年の家族旅行でも訪れたステーキ寿楽があったので、そこで一人夕飯。
Untitled
サーロイン&ヒレステーキおかずにご飯を大盛り+おかわり。長いレースなのでスタート時に軽量であるよりも5時間経過してからいかに全力出せるかのスタミナ勝負。
もう身体は十分絞れているから今更ダイエットは考えなくてもいい。
とはいえ食わなくてもいいフレンチフライとか脂身は残すけど。

宿について軽くストレッチして温泉入って22時には寝る。