HK出張

毎年来ているような気がする香港出張。
今回はいつもより長い3泊で。

飛行機の中で眠れるから多少睡眠時間少なくても大丈夫だろうと思い4時間睡眠くらいで目覚ましセットして朝にランニングしてから出張行く気合。
しかし子供に起こされたのは既に7時。
練習する時間もなく羽田へ。
羽田から国際線乗れるようになって本当に便利になった。少しずつ世の中便利になっているなぁと実感。

胃腸疲れているので朝食は軽いサラダとヨーグルトくらい。

フライトでは本読んで寝て本読んで寝て、、の繰り返し。
読書の時間ってほとんど移動時間な気がする。
しかし通勤時間がほとんどないし、ちょっとした移動はスマホいじってれば時間が過ぎてしまう今日この頃なので、スマホ使えない飛行機の中が一番よい読書タイム。
昔から読書は嫌いだけど親から耳にタコができるほど本読めと言われ続けた幼少時代。
なるほど読書量が人間形成に大きく影響すると大人になってわかってきた。
しかし苦手なのでわかっていてもなかなか時間使えない。
子供もきっと私と同じようになってしまうんだろう。どうすれば読書好きになるんだろう?

滅多に本読まない私がたまに読むのはもっぱらノンフィクション。というか実用書というか。
空港の本屋で選んでいるとどれも読んでみたいようで、しかしまぁ中身読んだら裏切られるんだろうなと思いつつ数冊購入。
本買うのってもっぱら新幹線乗る前か飛行機乗る前だな。

気付いたんだけど、本の購入はほとんど著者で決めている。
たとえば、林修、羽生善治、松本大、稲盛和夫、、、土井ちゃん、とか。
稲盛さんの経営に関する本は、おじいちゃんの長い話に付き合っているようで、いまいちピンとこなかったなぁ。
まさか稲盛さんがそんな本の為に時間費やすわけないので書いているのはライターさんなわけで、そういう意味でライターさんの実力がイマイチだったんだろうな。
いいライターさんと組むのは重要だな。今後の為に、、、

とかやっているうちに香港到着。
エアポートエキスプレスで香港駅まで行ってタクシーでホテルまで、と思ってタクシー乗り場に並ぶ。
しかし長い列に反してタクシーはたまにしか来ず。タクシー乗るまで1時間。こりゃ歩いた方が全然早い。

ホテルで着替えて会社へついたらもう夕方。
今年はいつもよりも香港オフィスの対応がよい気がする。13年・14年で日本のプレゼンスが上がったということだろうな。

夜は香港と日本のチーム総勢12名でディナー。
フレンチステーキ食った後に近くのバーでもう一杯。
帰宅は日本時間の0:30くらい。

ものもらいは薬でなんとか治ってきた。
毎日飲み会続きだから体調崩さないようにしなければ。そういえば昨年は香港出張帰りに発熱して帰国後ダウンしていたし。