ヤビツ往復

5時に目覚ましで起床。眠い。4時間ちょいしか寝ていない。
けど頑張って起きて練習へ。今日は早く帰ってきてほしい日らしいので、11時帰宅と勝手に決めて出発。

■ 4時間55分、141㎞、2815KJ

真っ暗で寒い。フルフェイスマスクが大活躍。
基本的にプチ乗り込み期なので筋肉疲労が酷くてパフォーマンスを期待できないのはしょうがない。
とにかくじっくりと走りこむイメージでヤビツへ向かう。
朝食にパン一つ。補給でバナナ一本とパン一つ。帰りに自販機の温かいコーンスープだけで帰ってきた。

上り口の藤棚までは2時間弱。どうも数値見ているとだいぶ3日前よりもコンディションは良くなさそう。
ヤビツ峠は前回と同じくケイデンス重視で。
スタート後からケイデンスが上がらず前回よりも確実に遅いなと感じる。
何がどうというか、全体的に弱かったという感じで頂上まで。

⁻ヤビツ:35分51秒、246W、151/160拍、82回転、53.5%-46.5%

タイム悪くパワーも低く、心拍も低いという結果。疲れているんだろうな、で片づけるしかない。

Untitled

そんな感じでは説得力ないけど、この自転車は現時点で最高に気持ちいい。
ギアを純正にしてCDJのデカプーリーにしているんだけど、変速と駆動時の滑らかさが格別。
やっぱりシマノ/デュラエースは偉大。
ドロップ150㎜のハンドルも最高に使いやすい形状。
ホイールも贅沢だけどカーボンクリンチャーを練習から使っている。これはホント使いやすくて性能も良くって最高。
ところでサドル高はこの自転車でまた725㎜に戻った。S-WORKSの時と10㎜近く違う。
これはたぶんサドルの差でシートポストの延長上までのトップ面を測るけど、そこの彎曲具合と座る位置などの関係で数値と感覚が大きく違うんだろうな。
S-WORKSの時は716㎜くらいだったけど、今と感覚的には同程度。あ、ペダルの差(Speedplay vs TIME)もあるのかな。

下ってから帰りは時間までに家に帰らなければという走り。

予定通り11時きっかりに帰宅。
プロテイン摂って軽く飯食ってから年賀状書いて午後も自転車の練習。
と言っても今度は子供たちの。
4歳の次男もストライダーは上手に乗りこなすようになったのでそろそろ自転車も乗れるだろうと思い、駒沢公園へ。
補助輪は上達の妨げになるからつけずに、はじめは倒れないように抑えてあげながら練習したら、少しの距離を一人で走れるようになった。
そんなこんなで暗く寒くなるまで遊んで、帰宅。

夜は会社同期とサクサクっと忘年イタリアンディナー食べて21:30には終了。年の瀬だし飲みすぎちゃうんだろうなと思っていたのは杞憂。

1月3日は恒例のもてぎで100㎞くらいのレース。今の脚は疲労でさすがにひどすぎるので、あとは少し休養しよう。