JBCF 西日本ロードクラシック

広島エアポートホテルにて、5:40起床。ぐっすり眠り過ぎていてあやうく目覚ましアラーム無視して二度寝するところだった。
軽くストレッチしてから6時の朝食へ。
軽くパン、ヨーグルト、お好み焼きなど食べて、コーヒー飲んでリラックス。
部屋に戻って自転車組み立てる。
レースの準備と言っても空気入れるくらいか。
宿からレース会場まで近いので非常に便利なんだけど雨が降っているので会場まで行く途中で濡れてしまう。

Untitled
雨の日の必須アイテム。これを脚に塗りたくる。脚は濡れないです。

8時頃にレース会場へ。
ウォーミングアップは上り坂1往復くらい。
レースは9:10スタート。

    ■ レース:147km 39位、3時間57分08秒(TOP+11’47) 232W

今の力だと上位はムリなので、今日は後方待機で後半勝負がかかったところでどこまで粘れるか。中盤までは展開的に不利になっても動かないと決めていた。
けどここまで序盤に決まってしまうとは、、、

最後尾からスタートして1周目は落ち着いて走って1周終える頃に前の方に行ければ、と思っていた。
スタート後すぐに下り基調のジェットコースター区間で早くも集団大分裂。
スタート直後は上手いも下手も優勝候補も完走出来ない者も皆一緒に走っているわけで、色々起きるのだが、普通序盤で中切れ起きてもどんどん後ろから選手が上がっていき差は埋まる。
けど今日は雨の為あまりにも慎重に走るチームが集団を先導してしまい、パレード走行のような状態になってしまう。
これはマズいなぁと思いながらも後ろにいて集団に身を委ねた自分が悪いわけなんで、静観。自分でイク脚もないし。

後ろ集団はアンカーが勢揃い。アンカーのエース都貴選手も後ろ集団なので、このままでは終わらないだろう。と思っていたらやはり案の定アンカーがチームとして追走体勢に。
しかし1周目の上りの時点で1分の差が開くとは、どんだけ遅かったんだと。これでもし追いついたとしてもかなり無駄な追走で脚使うからきついなぁ。
レース開始からほどなくしてアンカー5名が先頭固定で追走が始まる。
しかし差は開く一方で2分になり、3分になり。
先頭は4名がローテーションしてエース都貴選手が5番手固定。私はその後ろ6番手固定。前は20−30人は居るんだろうな。
通常長い距離の追走では上りは抑えて下りと平地でスピードに乗せるのがセオリーなんで、セオリーどおり上りではペースを上げない。
けど下りと平地でもペースが上がらない。なので差は開いていく。
3分15秒くらいが最大差だったけど、そこから4名で淡々と回すから人数減らしながら差を詰めるに変わっていく。
そこまでは対応出来たんだが、ラスト5周くらいでいよいよみやたか選手自ら上りでペース上げて追走した時に、あっさりと切れる。
完全に分かっているタイミングでの分かりやすいペースアップにもついていけず。
イナーメの龍太郎やなるしまの小畑さん、ロジャースの武末さんたちがついていく。あとシマノ1名と佐野選手含むブラーゼン3名とか。

そこで自分のレースは終わってしまい、あとはアシスト終えたアンカーの初山選手とエルドラードの佐藤選手と切ない修行のような4周を過ごす。

ラスト周回で前から落ちてきた龍太郎含む小集団が落ちてくる。そのまま上りは最後だと思い自分のペースで上り切ったら佐藤選手だけがついてきた。
来週の全日本選手権もあるので最後までがんばろうと思い上りは数秒差つけてクリア。下りも踏んで差を保ったままホームストレートへ。
けどヘアピン直後上りでほぼゼロ発進の一番苦手なゴール前なので、そこから徐々に詰められて、ゴールラインではハンドル投げるもタイヤ数本くらいの差で負け。
38位も39位もなんら変わりはしないけど。

リザルト(クリック)

3位の入部選手や佐野選手などは後ろ集団から先頭に追いついてそのまま勝負に加わっているんで、結局脚があればあんだけ絶望的に思える状況でも前に行けるんですが、そんな脚はない。

雨の中のレースでドロドロになりながらもホテルまでリュック背負って自走。
シャワーとかお風呂とかないので、機械室で自転車梱包して身体拭いて着替えて空港へ。

Untitled
アフターレースのケアでコンプレッションソックス。

空港のお好み焼き屋でビール2杯飲んで帰りの飛行機では寝て帰る。

Untitled
今日のバイク。ホイールはCORIMA VIVA S MCC。タイヤはContinental Competition 22C。
最近のお気に入りはコンペの25Cだけど、22Cも滑る印象なくて雨のレースでも安心して使える。耐パンク性も高いし。

Untitled
リム埋め込みのマグネットはいいね。このスピードセンサーはゴムバンド式なので、気軽に取付位置変えられるから便利。

改めて今の自分の力が分かった。
レースで奇跡なぞ起こらないので、もはや岩手まで行かなくてもいいような気もしてきた。
何しにいくかよく分からないけど、とりあえず半年間目標にしてやってきたわけだから、最後の悪あがきして、最大限調整して全日本選手権で250km完走出来るように頑張ろう。